スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年&トラ
少年&トラ2


こんにちは!

先日、tedとどちらを観ようか悩んだ末ライフ-オブ-パイを観て来ました。
「なぜ少年は生きることが出来たのか」というTVコマーシャルを見てアドベンチャー映画をイメージしていましたが違っていました、少し宗教が絡んだちょっと考えさせられる映画でした。

サーカスを経営する家族がカナダに移住することとなり動物たちを連れて客船で移動中、悪天候に襲われ転覆・・・主人公の少年は救命ボートに乗り込み助かるのですが、少年達が飼っていたシマウマ、オラウータン、ハイエナ、ネズミ?とそしてトラまでもがそのボートに乗り込むことに・・・そこから227日間の長い漂流が始まります。
映像は綺麗で特にトラの毛並みや動きはCGで見事に表現されていました。
もし、これから観ようと思っていらっしゃるなら3Dをお勧めします。
スポンサーサイト

北野天満宮

こんにちは!

息子が高校受験のため、希望校に受かるようにと今年の初詣は菅原道真公がまつられていることで有名で学問の神様でも知られる京都の北野天満宮に行って来ました。
お参りをし、お守りを買い、おみくじは第一番の大吉を引きこれで合格間違いなし!!
あとは、自分を信じて頑張ってもらおう!!

中国ホテル
仁川国際空港

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

今年は巳年ですが語源の由来をご存知でしょうか?
私は、ただの蛇の年と理解していましたが、実は違っていたのです。
ネットで調べてみましたのでご紹介します。

「巳」の本来の読みは「し」
源字は頭と体ができかけた胎児を描いたもので、子宮が胎児をつつむさまを表す「包」の中の字と同じ。
十二支の「巳」は、植物に種子ができはじめる時期と考えられている。
『漢書 律暦志』では、「止む」の意味の「巳」とし、草木の生長が極限に達して次の生命が作られ始める時期と解釈している。
これを「へび」としたのは、無学の庶民に十二支を浸透させるため、覚えやすく動物の名前を当てたもので、順番や選ばれた理由は定かでないらしいです。
知らなかった・・・?

その十二支の語源を作った中国の青島に年末仕事で行って来ました。
久しぶりに泊まったホテルの洗面台とクローゼットが「中国!!」という絵柄になっていたので写真に収めて来ました。
その下の写真は帰国時いつも大韓航空を利用し韓国の仁川空港を経由して関空に帰るのですが、その途中の雪が積もって真白になった仁川国際空港と空港内で韓国文化のイベントを常に行っているので撮って来ました。
仁川空港はハブ空港として利用客が多くいいろんな人種の方を見掛けます。
空港も広く免税店はもちろん、その他のショップも多くて利用しやすく時間もつぶしやすい空港ですよ!
日本の成田、関空も頑張らないと・・・
プロフィール

chididi

Author:chididi
株式会社ヤマグチのスタッフブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。